FC2ブログ

エジプト・ピラミッドの旅②

【本日のトレード】
なし(ホールド中)



こんばんは、(´・ω・`)です(´・ω・`)
8358スルガ銀行はとうとうS安になりました(・∀・) 別段スルガ銀行に恨みがあるわけではありませんが、株価はとことんまでお付き合いすると決めていますので、まだまだ買い戻しませんし、ここからS高になっても誰も恨みません(・∀・)

それでは前回のエントリーの続きです(・∀・)

さて今日はドバイに着いたところからです(・∀・)  現地時間は8月12日の午前4時30分です。
乗り継ぎのEK901アンマン行きは3時間のトランジットですので、とりあえずラウンジへ(・∀・)



IMG_1854.jpg

IMG_1856.jpg

IMG_1855.jpg

IMG_1857.jpg

まあ、ファーストラウンジということなんですが要するにターミナルの4Fが全部ラウンジになってるのでただただ広いだけなんですよね(´・ω・`) 歩き疲れました(´・ω・`)

8/12 EK901 ドバイ=アンマン 0730-0935

今度はB777-300ERですが、機内の設備はほぼほぼ同じです。 タブレットが一回りくらい小さかったかな、というくらいでしょうか。

IMG_1867.jpg

アラビックコーヒーとデーツをいただきます(・∀・) デーツ、ナツメヤシの実ですが個人的には苦手でした(´・ω・`)

IMG_1866.jpg

なんとコクピットが見えます(・∀・) コレ、帰りのフライトもそうでしたけどB777-300ERはそういうマニュアルなんでしょうか(・∀・)?

IMG_1865.jpg

だだっ広いドバイの空港を見ながらテイクオフです。

IMG_1869.jpg

IMG_1870.jpg

IMG_1872.jpg

ヨルダン国内に入りますと見渡す限りの荒野です。

IMG_1875.jpg

3時間くらいのフライトで無事にヨルダンに到着。 今日のドライバーと合流してまずはマダバの聖ジョージ教会へ向かいます。

IMG_1876.jpg

6世紀頃のパレスチナ・エジプトの地図である床のモザイク「マダバ地図」を見に行きます。

DSC00021.jpg

DSC00020.jpg

残存する最も古い当初の地図製作においての聖地、特にエルサレムの描写を含んでいます(wikiより)。現在のサイズは16×5mということですが、そんなに大きくは感じられませんでした(´・ω・`)

IMG_1877.jpg

さてマダバをあとにして次はネボ山に参ります(・∀・) 申命記の最後に至る章によれば、神がイスラエルの民に与えられた約束の地をヘブライ人の預言者モーセに眺望させた場所とされております(32章49節)。ネボ山は海抜800mのところにあって、その説明の通り、イスラエル地方の全景とヨルダン川渓谷、死海を遥かに眺めることができます(・∀・)

ちょうどこの写真の真ん中上辺りがエルサレム市街だそうです。

IMG_1882.jpg

こちらも有名なモニュメントですが、コレは近年にイタリア人彫刻家によって作られたものです(・∀・)

IMG_1883.jpg

左を向きますと遥か彼方に死海が見えています。

IMG_1881.jpg

写真の真ん中あたりにある、ドラクエなら一度はあしもとを調べるであろう一本木があるところがモーセの泉「アイン・ムーサ」です(・∀・) 小さく見えますが多分標高差もそれなりにあるのだろうと思います(´・ω・`)

IMG_1879.jpg

こちらの修道院にも、モザイクタイルの床を見ることができました。

DSC00053.jpg

DSC00051.jpg

DSC00055.jpg

ネボ山をあとにして車は一路死海へ(・∀・) ガンガン一本道を下っていきます(・∀・) 
45分くらいで死海に到着( ´∀`)ノ

市営のビーチに入ります。着替えはそのへんでしろ、ということでしたので適当に着替えて、ずんずん進んでいきます。手前のプールも使い放題ですが、流石にしんどかったので(´・ω・`)

IMG_1888.jpg

IMG_1887.jpg

死海の水はここから出ていくことがなく、また蒸発することで塩分濃度がどんどん濃くなることにより、人間の体でも普通に浮いてしまいます(・∀・) ただ蒸発するばっかりで水分が供給されないため、どんどん水面が低くなっていってるということです。写真でおわかりの通り、かなり降りていかなくてはいけません。 またこのエリアはビーチリゾートとなっており、高級ホテルなども林立していました。

DSC00058.jpg

DSC00057.jpg


IMG_1884.jpg

こんな感じでどっかのおっさんもぷかぷか浮いております(・∀・)

IMG_1885_201808222306553a5.jpg

死海から出たらすぐにシャワーをしないとヒリヒリして困ります(´・ω・`) ちょうど12時間くらい前に地上11,000mの上空でシャワーをしたばかりではありますが、今度は標高マイナス400mでシャワーであります(・∀・) コレギネス載るんか、とかしょうもないことを思いながらさっさと着替えます(´・ω・`)

さて食事をとって空港へ戻ります。ドライバーのおっさんには余った30ディナール(≒5,000円)をチップであげたら飛び上がって喜び、固く握手をして別れました(・∀・) いよいよエジプトはカイロへ入ります。 できれば乗りたくなかったエジプト航空、機材はB737-800、世界で一番安全な機材ですのでまあ大丈夫でしょう(・∀・)

MS702 アンマン=カイロ 2015-2040

IMG_1891.jpg

このフライトは1時間ちょっとなのですがこれが1時間遅れ、ビザの列に並んでいたら前のおっさんがカードで払うとかごねて10分位待たされ(ワタクシの番は5秒で終了)、荷物で30分待たされ、空港に迎えに来てくれたホテルのおっさんを2時間くらい待たせてしまいました(´・ω・`) 水も飲まず、両替もせずに合流してホテルに連れてってもらうとなんと停電で5Fまで階段で上がらされまして、もう喉がカラカラで真っ暗闇の中をチェックイン(´・ω・`) 大丈夫かいなと思っていたら、「空港送迎は有料だ」とか言い出して「5」と書いたインボイスを出してくるではありませんか(・∀・) そうでなくてもイライラしていたのですが、無料とわかっている送迎を有料だと言われてカチンと来て

「ハァ(゚Д゚)? 空港送迎は無料(予約サイトに記載あり、またホテルとメールのやり取りで確認済)と聞いてるけどコレはなんや?お前らのボスはこれ知ってるんか?」と言いましたが頑として譲らないので5「ドル」投げつけて「レシート書け、ボスには明日確認するからな」と言いましたらハッとした感じで「いや間違えた5ポンド(エジプトポンド、1ポンド≒6.5円)だ、これはさっきの水代なんだ」とか言い出しやがりました(・∀・) 確かにさっき水はもらいましたがその手には「shuttle」と書いたインボイスが(・∀・) ははーん、これがレビューにあったお小遣いせびるスタッフか、とひらめいたのですがこいつも相手が悪かった(・∀・) ワタクシにそんなのが通用するわけもなく、ちょっと強気に出ましたら「これはなかったことにしてくれ」とか言ってどっか行きました(・∀・) (後で水代の5ポンドは払いました) しかもこいつ最終日にチェックアウトする時何事もなかったように「オーマイフレンド~」とか言って馴れ馴れしく近づいてきたではありませんか(・∀・) なんといううざいエジプト人(・∀・) ちなみにホテルのボスにはお小遣いを握らせておいたので悪くされることはありませんでした(・∀・)

15分後、やっと停電も回復したのですが、この日は前日が機内泊でしたので荷物をまとめてさっさと寝ました(・∀・) ちなみにツインベッドだったので滞在中部屋にはスタッフは1歩も入れませんでした(・∀・)(ベッドは1日1台ずつ使用)

明日はいよいよエジプト考古学博物館へ行きます(・∀・)

(写真はホテルの部屋から撮った写真です)

IMG_1893.jpg

IMG_1894.jpg

(つづく)


それでは明日も頑張ってまいりましょう( ´∀`)ノ
本日もご訪問ありがとうございます( ´∀`)ノ







スポンサーサイト



エジプト・ピラミッドの旅③PageTopエジプト・ピラミッドの旅①

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://billionaire555.blog.fc2.com/tb.php/736-93211ae7

プロフィール

(´・ω・`)

Author:(´・ω・`)

リーマントレーダーの(´・ω・`)の日々を綴ります(´・ω・`)

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事
最新コメント
twitter

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

最新トラックバック
ブログ村へ