FC2ブログ

HKB219(´・ω・`) 【端株ポートフォリオ公開③】

【本日までのトレード】
なし(何もしてません)


こんばんは、(´・ω・`)です(´・ω・`)  6月の優待取りも終わり、3月の優待もほぼほぼ到着した今日このごろ、気になることといえばアレですね、あといくつ寝ると夏休みが来るかということですね(・∀・)  (´・ω・`)などもご多分に漏れず、夏休みの計画をせっせとしているところであります(・∀・)

さて今日のエントリーはシリーズ3回目となります端株ポートフォリオの公開です(・∀・) とうとう200銘柄を超え、今回は219銘柄となりました(・∀・) 今回は各銘柄のスクショはもう載せずに、トータルとエクセルのまとめだけ載せます(・∀・)(まーこんな端株の銘柄数なんて嘘ついてもしょうがないですからね)

前回のエントリーはこちら【HKB155】

前々回のエントリーはこちら【HKB100】

以下、いくつか変更というか改善点があります。

まずは前回の公開から質問が多く寄せられた「必要年数を端株ですごしていきなり権利とっても長期になるのか」「一度でも100株を保有したところから保有年数を数えるのか」「空クロスが要る銘柄なのかそうでないのか」などを、できる限り正確に分類したつもりであります。これを以下のように分けました(・∀・)

1)必要年数を端株ですごしていきなり権利とっても長期になる銘柄 HKB219・チームH
2)一度でも100株を保有したところから保有年数を数える銘柄 HKB219・チームK
3)半期あるいは四半期ごとに空クロスが要る銘柄 HKB219・チームB

4)今年アクションを起こす、または起こしているので結果がわかる銘柄 研究生
5)端株のみでそれなりの優待が手に入る銘柄 握手券(1枚でもらえるだけに)
 …ここうまい表現が見つかりませんでしたので、こっちのほうがええよという案がありましたら即改めます(・∀・)

続いて、前回より増配されているか減配になっているかを、前回の数字が残っていた分に限り○と×で表示しました。また、いわゆるチームBに分類される(ことになる)銘柄の中で、ワタクシがまだ確認できていないけれどもIRにその旨の表記があるものを「記載あり」としています。最後に、長期認定されている銘柄については、ワタクシのステージ(優待内容)を赤字にしてあります。

それでは見ていきます(・∀・) 今年は、SBI証券の手数料無料キャンペーンがあり、このときに駆け込みで買い込んだ銘柄がSBI証券に分納されることになり、このような形になりました(・∀・)



hkbsbi.png

hkb219-1.png
hkb219-2.png
hkb219-3.png
hkb219-4.png
hkb219-6.png

【HKBホールディングス(旧社名:端株ホールディングス)】
構成銘柄数:219銘柄
時価総額:360,161円
年間配当予想:7,780円(予想配当利回り:2.16%)
優待上乗せ実績:38銘柄72,800円相当
 (予想配当+優待上乗せ分利回り:22.37%)


もうこの辺まで来ると1つの銘柄としてみても何ら遜色はないようになってきましたね(・∀・)b ワタクシも売るつもりはないのでもう高みの見物となっています(・∀・)

それでは前回から新しくHKBホールディングスに貢献してくれるようになった銘柄たちを紹介していきます(・∀・)

●2678アスクル
アニュアルレポートにLOHACOのクーポンが付いてきました(今回限りかも知れません)。

hkb2678.jpg

●3454ファーストブラザーズ
200株を1年以上でQUOカード4,000円になります。

hkb3454.jpg

●4668明光ネットワークジャパン
いつの間にかQUO3,000円だったのが長期保有で3,000円と変更になりましたがなんとか逃げ切り。

hkb4668.jpg

●5949ユニプレス
カタログギフトで1,000円、2,000円と増えていきますが、選択肢にQUOカードがありました。今年は2,000円相当です。

hkb5949.jpg

●6058ベクトル
プレミアム優待倶楽部のエース級銘柄で、奇跡の誤発注により8万円ほど利益が出まして喜んでたら、長期もやっぱりOKでした(・∀・) プレミアム優待倶楽部はだいたいいけそうなイメージです(・∀・)(思い込みです)

hkb6058.jpg

●6282オイレス工業
こちらもプレミアム優待倶楽部です。去年は3,000でしたが、今年は4,000となりました。

hkb6282.jpg

●6387サムコ
300株以上、ということでしたがそろそろ2年になると思い、マイナス上等で凸したら認定されました(・∀・)b 執念で勝ち取った長期ですね(・∀・)(違う)

hkb6387.jpg

●6904原田工業
10万円以下で買える数少ないQUOカード3,000円銘柄ですが、これも長期認定されまして4,000円となりました。

hkb6904.jpg

●8103明和産業
半年以上ということで試してみましたら、うまく行きました(・∀・)

hkb8103.jpg

…と、このあたりですね(・∀・) 非常にありがたいことですね(・∀・)
さらに今日は、(´・ω・`)が独断と偏見で選び抜きました7つのHKB優等生、神7を発表したいと思います(・∀・) これは、費用対効果のみならず将来性(5年以上とかで爆発的に効果が出るもの)、扱いやすさなどが基準になっていますので、各個々人によって神7銘柄は刻々と変わるのではないかと思っています。それを踏まえて、端株を持っている前提にどうぞ(・∀・)

●9201JAL
費用対効果:★★★ 将来性:★★★ 扱いやすさ:★★★
当初、長期認定は年1回かと思っていましたら、一定数量取得が条件となりますが半期ごとにもらえることになりました。費用対効果、扱いやすさともに満点の評価で、株数を増やした場合追加でもらえる枚数も増える、将来性も満点の銘柄と言えます。

hkb9201.jpg

●7937ツツミ
費用対効果:★★ 将来性:★★★ 扱いやすさ:★★★
最初の2年は我慢が必要となりますが、その先は3,000円、5,000円と増えていきます。最初の優待が1,000円という条件なので、比較的取りやすい銘柄と言えます。

hkb7937.jpg

●8566リコーリース
費用対効果:★★ 将来性:★★★ 扱いやすさ:★★★
初年度からQUOカード3,000円もらえるので人気の銘柄ですが、3段階にパワーアップしてMAX5,000円、半期ごとに送られてくる配当金通知で現在の優待ランクを確認できます。末長く取り続けたい銘柄です。

hkb8566.jpg

●8591オリックス
費用対効果:★★★ 将来性:★★ 扱いやすさ:★★
3年以上保有で選べるカタログギフトが自称ですが10,000円相当にパワーアップします。選択肢が多いのと、他にないラインナップなので、新しさはあると思います。9月に空クロスが必要かどうかは定かではないのですが、制度で空クロスすれば怖くない銘柄なので、費用対効果としては満点ですね(・∀・)

hkb8591.jpg

●9728日本管財
費用対効果:★★ 将来性:★ 扱いやすさ:★★★
日本管財は3年以上で優待内容がランクアップします。3年経ってもそれ以上はもうないのですが、年2回の優待ということで、最初の2年を我慢すれば、あとは毎回取得すればすべて長期認定となります(・∀・)

hkb9728.jpg

●9375近鉄エクスプレス
費用対効果:★★★ 将来性:★ 扱いやすさ:★★★
近鉄エクスプレスも年2回銘柄です。こちらは1年以上で長期となり、株価的にも比較的扱いやすいので、とりあえずラインナップしておいて損はない銘柄ですね(・∀・)

hkb9375.jpg

●2402アマナ
費用対効果:★★★ 将来性:★★ 扱いやすさ:★
最後はアマナです(・∀・)  3年以上持つと、忘れた頃に北海道の新米が6kg届きます。この株価でお米6kgはなかなかオトクなのですが、12月の銘柄なので、制度で行くと多額の逆日歩を食らう羽目になり、裸で持つと強烈な権利落ちに見舞われます(´・ω・`) 持ち続ければいいのですが、本業が地味によくないという、パーフェクトではない銘柄ですが毎年取ってしまいますね(´・ω・`)

hkb2402.jpg

こんな感じですね(・∀・) まだまだ新星がどんどん出てきてほしいですね(・∀・)
今回はここまでにします(・∀・)

それでは次回まで頑張って端株集めてまいりましょう( ´∀`)ノ
本日もご訪問ありがとうございます( ´∀`)ノ






6月20日と末日、株主優待権利鳥結果

【本日までのトレード】
2914 JT 2420円買い→2430円決済



こんばんは、(´・ω・`)です(´・ω・`) 3月の封筒爆弾に翻弄されながらの6月の権利取りお疲れ様でした( ´∀`)ノ  今回は前回のエントリーで宣言しましたとおり、6/20決算銘柄を1つ含む合計11銘柄となりました(・∀・) また権利落ちで配当分きっちり落ちた2914JTを、さすがにコレは戻すでしょうと思って寄りで少し買いましたが全く戻りませんでしたので投げました(´・ω・`) なんとも辛い展開です(´・ω・`)

それではすぐにまとめていきます(・∀・)

権利確定銘柄数:11銘柄(昨年比-8銘柄)
投下金額:約551万円
経費合計:約20,915円
うち逆日歩合計:15円(1銘柄)
ゲットした優待


カタログギフト3,000円相当orお米5kg
すかいらーく優待券33,000円分
マクドナルドお食事券30セット分
パンの缶詰2個
クリック証券手数料キャッシュバック 合計11,000円分(3件)
QUOカード1,500円分(2件)
ギフピーギフトコード1,000円分(ANAマイルにします)

この他、長期優待が認められましたら
ながおかコシヒカリ5kg(ユニオンツール)

今年は去年に比べて優待廃止の分、去年赤字になったので取らなかった分、取れなかった分が減りました(´・ω・`) まあ、こんなもんでしょう(´・ω・`) ツイッターのTLではかなりの優待をゲットした猛者がたくさんいましたが、いつか追いつくことができるのでしょうか(´・ω・`) 特筆すべきは3688KARTAのギフピーですが、コレは例によってマイルに変えるので、なかなかの費用対効果であったと言えるでしょう(・∀・) これが1,000株で上があったら、数字にもよりますが突っ込んでいたと思います(・∀・)

次は少し間が空きましてメインとなります8月の優待ですね(・∀・) 水面下ではすでに争奪戦が始まっておりますが、なんとか良いパフォーマンスを求めていきたいと思います(・∀・)

それでは明日も頑張ってまいりましょう( ´∀`)ノ
本日もご訪問ありがとうございます( ´∀`)ノ






6月優待権利取りですね(・∀・)

【本日までのトレード】
なし



こんばんは、(´・ω・`)です(´・ω・`) 6月はワタクシ、副業のサラリーマン家業が決算を迎える月でありまして、まあ一応副業を少しだけやってたということであります(・∀・) まあ不毛な作業なのでできる限り面倒は排除しなくてはなりませんが(´・ω・`)

さて明日は6月の権利取り最終日ですね(・∀・) ココ最近はもうこの日までに勝負あったという銘柄が本当に多くて、もう3月9月以外は当日だけでは手も足も出せない感じですね(´・ω・`) 今回(´・ω・`)が計画しています(取得済)のは以下の11銘柄と、キヤノンの現物が少々であります。



エース級優待のすかいらーく、マクドナルドは取得できましたが今回はかなりの経費を食らうのではないかと思っています(´・ω・`) またロイヤルは取れずでしたがコレは取るタイミングを間違うとやけどしますね(´・ω・`) 3688KARTA HDGSはVOYAGE GROUPの優待が復活したというところですね(・∀・)



その優待を取るために主に一般信用クロスに有用なカブドットコム証券では、現在移管キャンペーンを展開中ですね(・∀・) 1単位以上の株式を他証券から移管すると、1単位ごとに1,000円のお小遣いをもらえるというものです(・∀・)

190624kabucomcpn.png

口座を持ってる方はログインしてトップページから右下のキャンペーンページをご確認ください(・∀・) ワタクシも8月9月の優待銘柄や今もってる銘柄なんかを移管しようと思っています(・∀・) またココ最近のキャンペーンで現金が15,000円もらえることになっていますので、そのお金を想定して今日移管用に8411みずほFGを買い付けてきました(・∀・) これは落ちてるお金を拾うようなもので、移管申請1件につき1,000円のアルバイトととらえたら、やらないほうがおかしいというキャンペーンであります(・∀・)

そしてワタクシ、この6月の優待取りが終わったら多少ラクになるので、またトレード復活しようと思います(・∀・)



さて前回のエントリーではお金についていろいろ考えてきましたが、キャッシュレス決済に特典をつける動きが予想以上に加速して来ていますね(・∀・) 現在はapplepayのID払いでポケットカードが15%還元をやっていたり、昨日からLINEPAYの最大20%還元をやっていたり、また7月に入ると今度はLINEPAY、paypay、メルペイが合同企画に乗り出してみたり、D払いが20倍ポイント(200円=20ポイントなので実際は10%還元)をやったりと、枚挙に暇がありません。 この流れはおそらくまだまだ続くと思われますので、このビッグウェーブに乗るなら早いほうがいいと思います(・∀・)b

190603applepay1.png

一昔前はFXの口座開設キャンペーン、ポイントサイトのクレジットカード新規発行ポイント狩りなんかもありましたが、今は間違いなくキャッシュレス利用のキャッシュバックです。 ポイントとかキャッシュバックとか色々組み合わせると、少しだけ贅沢ができてしまいますので、ほんの少しだけ踏み出してみるのもいいと思います(・∀・)b

それでは明日も頑張ってまいりましょう( ´∀`)ノ
本日もご訪問ありがとうございます( ´∀`)ノ






おカネ②

【本日のトレード】

3197 すかいらーく 2001円買い→1993円LC(5/28)


こんばんは、(´・ω・`)です(´・ω・`)
すかいらーくの2000円超えを結構前から狙っていまして、今日逆指値がかかったんですが、あまりよろしくない動きで損切りとなりました。ここ、もうちょっと粘着するつもりでいます(・∀・)

さて、昨日の続きを書いていきます(・∀・)
なんとかして支出を減らそうぜっていうお話の続きです。


次は相対的に出費を軽減させるということについて。いわゆるポイント活動についてですが、最近ではなにかの買い物をする場合に必ずと言っていいほど何がしかのポイントがつきますよね(・∀・) 楽天ポイント、Dポイント、PONTAポイント…決済をクレジットカードですると決済額に比例してポイントが付いたりもします。このポイントを貯めて、ポイントを商品に換えるあるいは支払いに充てる、コレがポイント活動(ポイ活)の基本原理です(*)。そして、100円の支払いで何ポイント得られるか、という割合を「還元率」という言い方しますよね(・∀・) カードとかポイント関連はこの還元率を重視します。
  *ポイントカードとクレジットカード決済は重複させるのが可能で、ポイントも二重取りが可能となります。

例えば今やポイント活動の最高峰まで上り詰めた「楽天ポイント」ですが、楽天カードで決済するごとに100円で1ポイント貯まります。コレは1ポイント1円としていまや把握しきれないほどの店舗で使うことができます。給料を楽天ポイント支給だと3割増しにするとか言われたら、半年くらいはそれでえんちゃうか、という人もいるのではというくらいに、幅広い決済通貨となりました。後述しますが楽天ポイントは楽天市場とその仕組を完璧に理解することにより爆発的なポイントを集めることができますし、マクドナルドなんかで現金で払ってる人を見ると少し残念な気持ちになるくらいにはオトクな決済手段になり得るわけです。 楽天ポイントがもちろん楽天市場と密接な関係にあり、ポイントを貯める手段であるのと同様、Dポイントもdocomoポータル及びローソンが、TポイントもYahooポータルが強力なポイント収集機関となり得ています。

ポイント活動の強い味方となる「ポイントサイト」も必須アイテムと言えます。これもなにかの買い物をする場合にこのサイトを経由することで、なぜか利用額の1%~数%がポイントバックされるというものです。楽天やyahooなんかでも普通に1%還元されますし、誰得極まりないサイトではありますが、使えるものは使わないとの精神で利用を推奨します。実は爆発的にマイルを貯める根幹はこのポイントサイトにあるのです。たまにワタクシ、ツイッターに外食の写真などを上げていますが、自費で飲酒を伴った外食をするのは平均して月に1回で、それ以外はポイント(のための)活動と思ってもらって大丈夫です(・∀・) 今は多少還元が悪くなりましたが、1万円の食事をして1万円相当以上のマイルを手に入れるなんてことは往々にしてあるのです。この場合、最初の1万円が2万円分の価値となって手元に帰ってくる(厳密に言うとクレジットで決済するのでもうちょっと増えますね)、現代版の錬金術と言えるでしょう。 ここはマイレージを集めるルートが開いている間は多少無理してもいいかなと考えています。

クレジットカードの決済によって貯まるポイントについては、そのクレジットカードの属性によって還元されるものが変わってくるので、これは自分自身のライフスタイルに合わせればいいでしょう。ワタクシはメインカードを航空会社のマイルが貯まるクレジットカードにしておりますが、特に旅行をしないという人でしたら楽天カードでもヤフーカードでもいいですし、JRをよく使う人でしたらJRのカードなんかもあると思います。その貯まったポイントが、生活上必要な支出に取って代わってくれるのであれば、コレも立派なわらしべ長者であります。少なくても100円で1ポイント(=およそ1円分)が積まれていく状況だと、理論上は100円で101円分の買い物ができることになるわけです。この1ポイントの積み重ねでワタクシのここ数年の海外行きはほとんど特典航空券で発券されています。この1%を小馬鹿にする人をワタクシ数多く見てきましたが、もう反論するのはやめました(・∀・) 

そして第三の手段として 3)自分のおカネに働いてもらう、ということです。このご時世、銀行の口座に入れたままにしておいても目に見えて増えるということはまずありません。そればかりか、置いておくだけでおカネの価値は下がっていく時代に突入しています。 自分のおカネに働いてもらうということは基本的には様々なものに投資してリターンを得る、ということですが、そっちの純投資はここでは書きません(*)。 もっと手っ取り早くお金を拾う手段として株主優待権利への投機を挙げておきます。株主優待券の説明はもはや不要でしょう。株主優待券を券面以下のコストで手に入れて、実店舗では券面の価値を手に入れてくる。優待券の取得経費を優待券額面で割ると、取得原価率が出ますね。または食事系優待をくれる企業の株を買い集めてストロングホールドすることで、株価の上下はあるにせよ株式としての価値の他に、毎年1回あるいは2回、食事優待券をもらうことができます。コレを複数集めることで、日頃の食費を抑えることができますね(・∀・) フォロワーさんの中には実際優待券で毎日食事してなお優待券が余るという状況の方もいらっしゃいます。 あるいはQUOカードであったり、図書カードであったり、あるいは割引クーポンとしての優待券もありますし、カタログギフトをくれるところもあります。カタログギフトで洗剤をもらえば、洗剤を買うおカネが浮きますし、鍋やフライパンをもらうことだってできます。ワタクシも優待で炊飯器ももらいましたし、自転車も買いました。東京や大阪に行った際、優待券で宿泊もできたりします。優待券1枚で1泊宿泊できるということは、金額の多少はあるものの、優待券がおカネの身代わりとなってくれたということですし、その分おカネを減らさずにサービスを受けることができたということです。 その使わずにすんだおカネで何をするかは各自の自由ですし、1万円札1枚だってその分だけ選択肢が増えるということにほかなりません。
 *もちろんそれが王道なのですがそれはここで書くまでもないのです。

さてここまででも十分なのですが、ここに最近流行ってるなんとかペイのキャッシュバックキャンペーンや、クレジットカードのキャンペーンを利用して、ダメ押しで現金ないしポイントを貯めていきます。 ココ最近のpaypay、LINEpayなどのQRコード決済では、利用額の20%程度を後日(限定通貨ですが)キャッシュバックされるなどで、利用した方も多いかも知れません。これも要するに形を変えたわらしべ長者物語ですし、不要なものは買わなくてもいいですが、必要なものなら集中させて利用したらいいと思います。 ただし現金でキャッシュバックなら20%オフ(5万円のものが4万円で手に入る)ですが、限定通貨(paypayボーナスなど)としてのキャッシュバックなら理論上16%オフ(5万円払って6万円分の買い物ができることになる=1万円分のバリューがQRに残る=利用範囲が限定される)この違いには注意が必要です。もちろん、楽天ポイントなども後者であります。

次にクレジットカードのキャンペーンはたまーに○○万円使ったら1万円キャッッシュバック、みたいなのが様々に形を変えてやってきます(○○万円以上使うとポイント10倍とか、10万円使ってリボ払い(*)にしたら2万ポイントとか)。ワタクシ、クレジットカードを15枚くらい持ってるのですが、メインカードはメインカードとして存在していますが、その時々のキャンペーンにより還元率が最高になるものをその都度集中して使います。 だいたいひと月に1回くらいはベンチ入り(財布に入れておく)カードを変えています。最近ではメインカードをなかなか使えなくて困っているくらいに、キャンペーンが乱立しています。コレはカード側もなんとかペイに対して危機感を持っているのだと思いますが、外野としてはまあ、「 やれやれ~(・∀・) もっとガリガリやれー(・∀・) 」てな感じでウエルカムですね(・∀・) なんとかペイが1つ2つなくなろうとも、クレジットカードが1つ2つなくなろうとも、痛くも痒くもないので、なんとかペイもクレジット会社も、死なない程度におカネとポイントをばらまいてくれたらありがたいです(・∀・) 
  *リボ払いについては、その仕組みと特性を十分に理解した上でキャンペーンに参加するべきですし、刑期(リボにしておく期間)が終わった瞬間に必ず一括払いに戻す作業が求められます。

 中にはすべて該当しないでもどうしても欲しいもの、払わなければならないものがあったりもします。そういう場合にのみ仕方なく現金を払う、ということになりますね(ワタクシの場合、家賃とか天一ラーメンとかがこれにあたります)(´・ω・`)

このあたり、すべて正解も不正解もありませんが、ひとつひとつは多分誰にでもできることだと思いますし、所詮が何円何十円という差額になるので、最初のうちは効果を感じることも薄いと思います。 ワタクシがマイルを貯め始めたのはもう20年も前の話ですし、ポイントサイトなんてここ数年です。自分にあったやり方だけを採用して参考にしていただいてもいいですし、それは自由です。 ただワタクシの場合は上記のあらゆる方法を駆使して、時には組み合わせて、出ていくおカネをなるべく最小化し、浮いたおカネを(ポイントを集めるための)投資に回し、ポイント(=マイル)をかき集め、年に数回ビジネスクラス(たまにファーストクラス)に乗るのを最上かつ唯一の贅沢ととらえ、乞食活動に勤しんでおります。ハイブランドもあんまり欲しいとも思わなくなったし、高い酒もいらないし、高級レストランも別に興味ありません。その土地その土地の美味しいものよりも優待メシです。 GWの旅行はその要素をふんだんに盛り込んだものとなりました。 バンコクからの帰りの機内では、ファーストクラスにあと2人くらいはマイルで乗ってる人もいたと思いますが、ほとんどの人がお金を払って乗ってたわけで、ワタクシにとってはその1点を取ってみてもマイル万歳、ポイント万歳を実感する9日間となったといえます。

こうして貯めたポイント、マイルを使って贅沢をする、あるいはポイントバックを十二分に利用して生活費とすることを、レバレッジ贅沢とでも呼べばいいでしょうか(・∀・) できるだけ元金をかけずにポイントやマイルを還元させる、そして換算額として最大になるように利用することで、1マイルの価値は5円にも10円にもなることがあります(・∀・)(*) 一見他の人から見たらすごい贅沢してるようなことでも、元手がかかってなければなんでもないので、こういう生活を続けていたらそのうち(それでも贅沢することに)飽きる(*)のでおカネが余ってくるのではと思っていますし、その余ったおカネをサラに投資に回せば、ワタクシが尊敬する先輩方のエリアへ行けるのではと考えています(・∀・) 
 *昨年夏のエミレーツ航空のファーストクラス、今同じような日程で買うと75万くらいになります(関空発だと137万)。これを115,000マイルで発券しました。
190811ekicnamm.png
  *飯食ってアンケート書いてマイルもらえるやつ、先週の土曜日で通算98回目でした。いい加減飽きてきましたがもらえるものはもらう主義なのでまだ続けます。


以上こんな感じのことを日々考えてワタクシ生活しております(・∀・) 大げさな書き出しも内容が尻すぼみであまり参考にならなかったと思いますが、このエントリーで何がいいたいかといいますと、ワタクシ、
 
   ( ´∀`)落ちてる金は多少無理をしてでも拾う主義です。

ということです(・∀・) GWから始まった5月のクレジットカードのバブリーキャンペーンも間もなく終わり、代わって2月3月の優待が届き始めます。そしてこれからますますおカネが形を変えて眼の前に転がってるという状況は増えていくと思いますし、パターンも多くなってくるかも知れません。そんな時代の波に取り残されないようにもがき続けようと思っております(・∀・)

それでは明日も頑張ってまいりましょう( ´∀`)ノ
本日もご訪問ありがとうございます( ´∀`)ノ









おカネ①

【本日までのトレード】

8031 三井物産 1669円買い(5/8)→1677円決済(5/22)



こんばんは、(´・ω・`)です(´・ω・`)
明日の5月権利取りは3645メディカルネット、6552Game Withの2銘柄を制度でいきました(・∀・) これで逆日歩いっぱいついたら笑ってください(´・ω・`)



さて今日はですね、日頃われわれが最も接することが多いにもかかわらず、あまりそれについては深く考えたことがないであろうテーマ、お金についてワタクシ思うところを書いていこうと思います(・∀・) そのきっかけとなったのはいつか忘れましたがツイッターでマネーリテラシーの話題になったとき、フォロワーさんから「お前の家計簿公開しろよ」と言われたことでした(・∀・) (*)
 *もちろんこんな言い方ではないですが、どんな感じなんですかと聞かれたことから、ワタクシの頭の中を一度整理してみようと思って書いてみました。最近は脊髄反射的に乞食案件を取捨選択している気がしておりました。





これが今年上半期の家計簿になるわけですが(もちろん収入は書いてませんが)、株主優待関連費用というのはクロス取引にかかる手数料、貸株料なんかを含めた総取得経費で、これにより手に入る株主優待券は、自己消費の場合は収入支出ともに記載せず、売却分は手数料を引いた分を株主優待関連収入として計上しています(*)。 ボーナスは1円も使わずに何がしかの投資に回し、月の支出がなんか適当に金券を買うなどしたのも含めて15万くらいなら十分、くらいに考えていますがここ最近なんやかやで出費が多くなりました。 まあこの家計簿は使ったお金をある程度正確に記録しているのですが、お金と正面から向き合うとき、どうしても収入と支出の状況を知るというのは一番最初に来ることですよね(・∀・) 何に使っているのかを把握し、削れるものは削る、そうでないものはいかにするかを繰り返し自問自答することで、さらなる改善策も出てくるのではと思います(・∀・) 
 *実際にはここの金額で高配当株の端株を買っていくことにしているのですが、端株も積立にしたほうが手数料が安くすむので数万円を端株の積立にしています。その費用はここには記載していません。

そもそも論になりますが、このブログにやってこられた方、あるいはワタクシのツイッターのアカウントをフォローされている方は、何かしらお金(を増やすこと)に興味がある方なんだろうと思っています。株をやっている方は、その100%が「お金を増やしたい」という意識でもってマーケットに参加されていることでしょう。 また株をやってなくても、最近のなんとかペイに代表されるキャッシュレス決済による事実上のキャッシュバック、あるいはクーポンを利用したコジ活(=乞食活動。お得を追い求める一連の行動を半ば自虐的にこう表現することが多いです)、そしてワタクシの最も注力する陸マイラー活動など、そのどれかに共感を持ってフォローされているのではと思っています(5%くらいはウォッチ目的の人もいるかも知れませんが、それもまたウェルカムです)。

実はこのテのエントリーは、4年前の2015年に連載してきましたマイレージカテゴリーのまとめのところで、同じようなことを書いています。今回はその焼き直しといいますか、あれから3年経ちましたが、時代の流れに即したものになると思います。

例えば太古の昔(今でもそういうところもありますが)、家畜をたくさん持っているものが富の象徴とされてきた時代があります。それがおカネに取って代わられます。それではそもそもおカネは何の目的でできたのか、それを考えていくことで、現代に生きるワタクシ達がお金を増やしていきたいという目的をかなえるための手段といいますか、方針が明らかにされると思います。それではおカネの本質的な意味は何でしょうか。一昔前ですとたくさん収穫したお米を形を変えて保存しておくといった保存の手段でしょうか、あるいは価値の交換の手段でしょうか。ここは他著の言葉を借りますが、おカネは交換の手段なわけですよね(・∀・) 持ってるだけじゃ持ってないのと一緒なんですよね。 あるかないかだけの違い。今すぐ用意しろと言われてできるかできないかだけで、しまっておくだけじゃ増えることもありません。

一口におカネについて考えると言っても、漠然と「おカネがほしいなあ」と考えるのではなくて自分が「お金がたくさんあるよ」という状況になっているためにはどうしたら良いのか、を考えるといいでしょう。

答えは割と簡単で、

1)収入を増やす
2)支出を減らす
3)自分のおカネにも働いてもらう


この3つにつきます。
1)はまあ、ご自身で考えられると良いでしょう。仕事を頑張るのも1つ。趣味や特性を活かした副業をするのも1つ。株主優待を現金化するというのももちろん1つです。

2)について。まあ「節約」というのが最初に浮かんできますが、費用対効果はあまり良くないですね。確実におカネを貯めようと思えば、給料日から次の給料日まで1円たりとも使わなければいいのです。 コレは、普通に考えると夢物語のように思えますが考え方とやり方によってはそのうち不可能ではなくなります。 個人的には無理をしてまでカツカツの生活をする必要はないし、必要なものは買えば良いと思っています。ただし、おカネを必要なものに換えるときにはタダでは起きないように支出を軽減させることを考える必要があると思います。支出を軽減するというのはズバリ出費を減らすこと以外に、相対的に軽減させるという方法もあります。

もちろんおカネを使ってこれら必要なものを手に入れていくわけですが、これが価値の交換なわけですよね。1万円札とか、肖像画が描かれた単なる紙切れを出したら物が手に入るというのは、日本人全体がそれに1万円という価値を見ているからです。ゆえに、外国に行った場合は外国の通貨を使うことになるのです。その国の人々は、その国の通貨に同じ価値を見ているから、目の前の外人にも商品を売ってくれるわけです。 話がそれましたが、以前のワタクシは、使いたいだけ使ってそれ以上に稼いだらええやんという、今では考えられないような思考でおりましたが、それでもその当時から例えば高速道路乗るのがわかっていればハイウェイカード(死語。5万円で58,000円分使えた)を金券ショップで買ってきて使ったり、家とかキャンプとかで飲み会するのにローソンのお試し引換券でビールに換えたり、忘年会するのに優待券を買ってきて支払いをしたりしておりました。 多分コレが今の乞食モードの黎明期だったのだと思います。現代版わらしべ長者ですよね(・∀・)

これは、ワタクシ達が受けたサービスの対価として支払うお金(高速代だったり飲食代だったり)を、その支払先のみ通用する通貨(ハイウェイカードのバリューや株主優待券)で代用しているに過ぎませんが、日本最強の通貨である日本円をその(用途が狭まる)限定通貨と交換して使っているということですね(・∀・) もちろんですが日本円とジェフグルメカードでは使える範囲の広さが全然違いますが、使えるところでは500円玉も500円のジェフグルメカードも同じ500円として扱われますよね(・∀・) この2者の場合、市場の(金券ショップ、購入サイトなど)交換比率は現在ではだいたい480:500くらいになっています。これは、500円出してジェフグルメカード500円券を買うと20円のお釣りが来るということです。コレでジェフグルメカードを利用すると20円のお金が余計に生まれてくることになりますね(・∀・) あるいは520円の食事を500円でできると考えても良いと思います(*)。 とても身近な例ですと、土曜休日に使える私鉄の回数券、あれなんかもそうですね。通常150円の区間のチケットを7回分で750円なんかで売ってたりしますと、1枚単価は110円以下です。これも毎回払うのに比べると断然安くできますし、意図せずやってますがコレも価値の交換の一つでしょう。こんな例は注意して生活していればいくらでも見つけることができます。ワタクシがよく「お金が落ちてる」というのはこのことをわかりやすく表現しているに過ぎません(・∀・) 要するに、「1,000円出して特定の場所で1,000円分の価値を手に入れる権利と、プラスアルファを手に入れよう」と意識するということです。
  *ジェフグルメはお釣りが出ますので、520円なら2枚払って480円お釣りもらって40円儲かるとかそういう裏技もあります。

(ちょっと長くなりましたので、続きは明日にします)

それでは明日も頑張ってまいりましょう( ´∀`)ノ
本日もご訪問ありがとうございます( ´∀`)ノ







<<PrevPageTopNext>>

プロフィール

(´・ω・`)

Author:(´・ω・`)

リーマントレーダーの(´・ω・`)の日々を綴ります(´・ω・`)

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
最新コメント
twitter

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

最新トラックバック
ブログ村へ